ナース求人

ナースのお給料はどれくらいなのか?

ナースの仕事は、病院勤務の病棟担当となると、日勤、準夜勤、そして、夜勤と3通りをローテーションでの勤務となります。
どうしても、きつい!というイメージがつきまとううのは、やはり、夜勤があるからだと思います。
このような勤務をして、年齢の若いナースさんでも、手取りで25万円以上。
その他賞与もありますので、年齢にしては、多くをもらえるのではないでしょうか?
日勤のみとなるともちろん額は少ないです。
しかし、ナースのアルバイトの求人を見てもわかるように、専門職ですから、やはり、時給は、2,000円前後と高く、結婚退職してから、アルバイトで医院で働くなどの場合も含めて、資格があるだけで割りのよいアルバイトにつけることも確かです。
特に病院の病棟を担当しているナースさんの場合は、勤務だけでも時間がいっぱいで、なかなか自由な時間がもてないため、エステや海外旅行など、まとまった時間ができたときにまとまったお金使って楽しみことが多いようです。


ナースのアルバイトについて

せっかくナースの資格をとっても、結婚での退職などで、仕事を離れてしまっても、また、仕事がしたいと思えば、すぐに見つかるのが、ナースのアルバイトです。
アルバイトでナースをしている人は、看護従事者の半分といわれているように、その割合はとても高いのです。
時給もさすがに専門職なので、他の仕事と比べたらとても高いのが特徴です。
時給で、平均的に、2,000円前後が相場のようです。
さらにアルバイトでナースの仕事をする場合は、勤務の時間の設定が、自分の都合にあわせることができるので、しっかり正職員で働くことに比べると楽であり、手取りの給料も正職員よりも多いということすらあるぐらいです。
アルバイトでの仕事の内容は、医院や病院の外来の担当や、ディケアサービスのナース。
あるいは、保健所の予防接種の際の仕事、検診のお手伝いなどたくさんあります。
中には、昼間もナースをして、夜勤のアルバイトをする人もいるそうです。
ナースさんの仕事の内容が多くあるので、おのずと、アルバイトの仕事も多くなるのだと思います。

ナースとしての将来を考える

どんな職業についてもやはりキャリアアップを考えるものですよね。
ナースも、ただ看護ができればよいという理由だけで免許をとっているわけではありません。
看護をする仕事には様々な分野に分けられ、通常の看護師免許とは別に医療の専門知識が必要になってくるものや心理面を重視されるものもあります。
病院勤務で看護師の仕事をしていくと、労働環境の厳しさの中で、自分の求める看護について真剣に考える方もいらっしゃいます。
例えば、近年求められる介護福祉施設で、ケアマネージャーとしての再度転職される方もいらっしゃいますし、より過酷な環境下での看護を必要とする場所に行くために、海外へ行くことを考える方もおります。
ナースの労働環境を改善しようと社会も動いておりますが、それ以上にナースとしてどう働くか考える方も増えてきております。
それに合わせるように求人の幅も広がっており、せっかくの資格をより活かそうと考えることができる時代になったと言えるでしょう。